J's Little by Little Charity LIVE 3rd 御礼!
JCOF
☆フォトアルバムはこちら!
(僕のしょぼいカメラの写真だけですがまた皆さんから写真が届けば追加します)
※googleアカウントをもっている方はコメントできます。
 
 

第三回目のJ's LBLは4月11日(日)東心斎橋「ドアーズインヘブン」様での開催となりました。



■お客様へのお礼とお詫び。

本当にたくさんのお客様に来て頂き有難う御座いました!
また立ち見になるほどお店が混雑してしまいお客様には窮屈な思いをさせてしまい本当に申し訳御座いませんでした。

お客様の入り状況を見て開演を遅らせようかと話をしていたのですが6時過ぎからどんどん来て頂き反対にオーダーが少し落ち着くまで待つという盛況ぶりでした。

延べにすると100人近いお客様に来て頂いたように思います。
重ねてお詫びと御礼を申し上げます、本当に本当に有難う御座いました。



■「ドアーズインヘブン」様、関係者様、出演者様への感謝。

・「ドアーズインヘブン」様


チャリティの主旨をご理解いただき、チャージ無料という理想通りの環境で開催することができました、本当に有難う御座いました。
マスター及びスタッフ皆様心遣いも素晴らしくまた自らも募金していただき本当に有難う御座いました。感謝の念でいっぱいです。


・この企画の後押しをして頂いた「つーさん(エリア40)」及び「ローレルさん(ローレル奥山&フレンズ)」へ

第二回目に参加して僕の主旨に賛同頂き、それから話がどんどん進みつーさんには早々に「ドアーズインヘブン」様を紹介して頂きました。
お二人には僕が少し悩んでたチャリティという難しい捉え方を「大きなことだと考えずにもっと肩の力を抜いて思うようにすればええんやで」と言って頂き、ものすごく楽になりました。
このお二人の協力無くして今回の成功は絶対ありませんでした。
本当にお疲れ様&有難う御座いました。


・素晴らしい出演者様

電車代すら出ない中この企画に賛同頂き、長時間本当にお疲れ様でした。
各バンドのパフォーマンスは素晴らしくそれぞれに個性的な音楽世界があり見て頂いたお客様はきっと満足頂いたと思っております。
こんなに素晴らしいミュージシャンが集まってチャリティ・ライブが出来たことを心から幸せに思います。有難う御座いました。



■主催としての反省点。

主催なのに至らぬ点、気の利かない点、不備等多々あったと思っております。
特にMCでは主旨の説明等想いが伝え切れなかったように思います、つーさんのようなMCが出来ていればと反省しております。
つーさん有難う御座いました。
また入り口付近で募金箱をもって呼びかけてくれたキャサリンさんとアヤにも本当に感謝です、おかげでたくさんの募金が集まりました。



■募金についての詳細。

今回の募金はなんと!37,685円でした!本当に本当に有難うございました!!
本日(4月12日)にアヤとつーさん立会いの下、カウントしました、明日4/13に郵便振替にてエスビューロへ送金いたします。


※4月13日に郵便振替にてエスビューロへ送金完了しました。




■出演頂いたバンド様

☆ローレル奥山&フレンズ
※メンバー ・ローレルOKUYAMA(Vocal/Guitar)
・オーティスWATANABE(Bass/Chorus)
・YASUHIRODOI(Drums/Chorus)
・Jやん(key)
・アヤネス(Vocal)

■今回から僕とアヤも参加させて頂きました、僕自身はダメダメで練習不足が顕著に出てしまいました。すみません。ローレルさんの書く詩・曲は素晴らしく独自の世界があり大好きです!またスライドギターがその世界をさらに個性的な音楽へと導き存在感が際立ちますね!バンドメンバーの皆様お疲れ様でした!!またよろしくお願いします。


☆Area40
※メンバー ・つーさん(Vocal/Guitar)
・トミさん(Vocal/Guitar)
・ジョージ宮口(key)
・シラキ(Bass)
・ヨドシ(Dr)

■本当に素晴らしいパフォーマンスでした!体調の悪い中あれだけの歌とギターで頑張っていただいたつーさんには本当に頭が下がります。トミさんの泣けるギター!驚異的な宮口師匠の鍵盤!タイトなリズムセクション!気持ちよかったですね!!すっかり見物人となってしまいました。本当にお疲れ様でした!次回も是非、よろしくお願いします。


☆ニッターズ
※メンバー ・イチロー(NittaIchiro):Vocal/Guitar
・KIM(KimuraMasashi):Guitar/Chorus
・Jやん(key)
・DAN(DantsujiYoshiaki):Drums
・Kenny(TakayamaAkito):Bass/Chorus
・アヤネス(OkaAyako):Chorus
・きゃさりん(IshidaKazumi):Chorus

■新田さんの曲は本当にええですね〜!!ニッターズでの演奏は大好きです!個人的にはかなり迷惑をかけてしまいすみませんでした!大先輩に囲まれて演奏が出来る僕は幸せ者です!検査入院が間近なケニー隊長!長時間本当にお疲れ様でした!ゆっくりと養生して下さい〜!メンバーの皆様お疲れ様でした!!またよろしくお願いします。



「リトル・バイ・リトル」はまたやります!
つーさん、ローレルさんとミーティングして、また秋ごろには企画したいと思っておりますのでその節は何卒よろしくお願いします!

本当に有難うございました!すべての方に感謝いたします!! by Jやん

--------------------------------------
今回の寄付させて頂く団体

【小児がん患児支援 NPO法人エスビューロー】

※特定非営利活動法人 エスビューロー
〈本部〉〒659-0015 兵庫県芦屋市楠町8-13

※エスビューロー事務局
〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘3番6号403号
TEL/FAX:072-622-6730
esbureau@hcn.zaq.ne.jp

--------------------------------------
☆★☆ Es Bureau(エスビューロー)とは ☆★☆

※Essentiel(本質の)Bureau(事務所)の造語

「患児の大切な命」を中心に、それを囲む家族とドクター、ナースなどの医療従事者その他さまざまな人たちがお互いに理解し合い歩み寄る橋渡しとなるべく阪大小児科で入院生活をともにした母親と、当時診ていただいていた小児科の原医師、小児外科の草深医師とともに発足いたしました。

厳しい治療、長期入院、またそこから発生するストレスや不安と日々闘っておられる患児とそのご家族。

医療が進歩したと言えどもまだ多くの課題や困難をかかえている状況下、患者さんの切実な願いに対して、努力を重ね治療に臨んでくださっている医療者の方々。

双方における精神的負担を、円滑なコミュニケーションと相互理解により100分の1でも緩和できるよう、また必要な知識とコミュニティの提供ができる様々な活動をおこなっています。

----------------------------------------
※Yahoo!ボランティア 内ページ

※2009.8.24 07:20 産経ニュース

※毎日新聞大阪版 2002年(平成14年)4月20日(土曜日)記事

JCOF
JCOF